美しい星空の生駒高原、ホタル乱舞の出の山、自然湧水80箇所の小林市|移住先候補

移住の件。
気になる空き家物件がある高原町の北に小林市があります。人口4.3万人ほどで高原町の5倍位。YouTubeに宮崎県内各所のドライビング動画をアップしているチャンネルがあります。「南国みやざきTV」 古くても2年ほど前の撮影なので、雰囲気を感じる参考にしています。このチャンネルだけでなく「#小林」で多くの動画があります。小林市公式チャンネルも充実しています。
上画像の須木地区にある「すきむらんど」という施設の案内動画です。

 

 

あれこれ見ていると*嫌な印象だった小林市、なかなかステキなところです。空き家バンクは外部委託しているらしいので、ここの仕事がまずいだけなのかな…。

小林市の観光スポットは多く、どの季節も見どころがやたらにあるんですよね。観光事業として整備されたところも、何も手を加えてないところも。
さすがに天孫降臨の地ですから、神社はいうに及ばず、温泉もやたらにあるし。
生駒高原は星空の美しさで有名で、近くにはホタル、桜の名所も。キャンプ施設も充実しています。
自然湧水箇所が市内に80箇所もあり、湧水コンシェルジュがいる!霧島シリカ水の採水地もあり、ただで水を汲める場所もあります。また、牧場が多くて牛乳販売所があちこちにあるらしい。牛乳大好きで水にはうるさい私にはビリビリ来ますねぇー。

 

 

自分の移住気分の湧き出る元を眺めると「自然の精霊や神々とされる高次元の存在たちとの交流」があります。余りこういう話題で記事を書いてこなかったので唐突な話に聞こえるかもしれませんが(>_<)

町育ちなので自然に対峙する素地がなかったのですが、竹山団地に来て少しづつ素地が作られたのかもしれません。都心では体験しなかった、ささやかながらも”自然の気配”を感じながら暮らしています。そうするうちに、自分もそこに溶け込み一体となれるのではないか、もっと踏み込んでみようか、などとぼんやり思いを巡らしています。

太陽のパワーが高次レベルになるに伴い、自分の感性も高くなるだけでなく、意識も深まっており、本当にしたいこと、心地よいと感じることが明瞭になっています。それは「自然宇宙内孤独」を抱えてきたけれど、ようやっとそれを解消する交流を始められる。始めよう。というものです。
「自然宇宙内孤独」とはおそらく詩人の谷川俊太郎さんのオリジナルだと思います。以前、谷川さんの絵本「ぼく」についての記事で触れました。

3.11のあとに「絆」とか「つながる」というキーワードが氾濫しましたが、自分にとっては的はずれな概念でした。それは谷川さんに言わすと「人間社会内孤独」に対応するものだからです。

長く「自然宇宙内孤独」を埋めるにはこの世の生を終了することでしかなされないな、と諦めていました。しかし、この頃、つながる相手がふっと浮かんできたのです。それは非物質のエネルギー体としての存在です。(精霊とか神々と呼ばれる存在)*ワタシは上に置く神は嫌いなので「神」とは呼びたくない。高次レベルの存在とか、「素敵なディヴァン(divine)」とでも呼びたいですねw

うんちくウサ君

divineの意味
神の、神性の、神にささげた、神聖な、宗教的な、神のような…というものだけじゃなく
やや穏やかな
神々(こうごう)しい、非凡な、すばらしい、すてきな
などの意味もあるんだね。

 

ここから去るということは物質である肉体から去るということなので、当然、死ねば元々のエネルギー体としてのつながりが回復するのですが、物質で存在しながらも交流することが出来るんだな、と気づきました。

並木良和さんのお話によると
この体験をするために今この地球に生まれる体験を選んだのだ
そうです。

 

難しいことを書いているようですが、そよ風に共鳴して優しい気持ちになったり、スコーンと青く抜けた空を見上げて気分がリセットされたり、というのも非物質存在と繋がったから。そういうことです。これをもう少し深めたいなぁ、というのが自然のある場所に暮らしたいという理由なんです。

 

おっちゃん

一戸建てなら
団地の管理費+修繕積立金
年間30万もいらんようなるしな。
10年で300万や。デカいで、これ。

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事