USBコネクターの接触不良、レシートであっさり解決
スポンサーリンク

私のお気に入りと言うより必需品のキーボードですが、最近タッチパッドが調子悪い。タッチパッド付きなのが愛用している理由なので、これがだめになるとかなりのダメージ。古いのにこれでなくては、というヘビーユーザーが多いらしく、ヤフオクでは1万円近くで取引されてるんですよ。

 

 

以前もタッチパッドが反応しないことがあり、それはドライバの問題でした。何度かドライバの更新をやると解決していたのですが、今回はまったく駄目。
う~む、いよいよその時が来てしまったかぁ・・・
という思いがよぎりましたが、これはなかなかに諦めきれない。ドライバ意外の問題なら単純にハードの不調なのかも、と思いついて、お決まりのUSB抜き差しをやってみたら、あっさり解消しました。

あらっ!?
これって、接点不良だったの!

と一安心した数日後、またしても反応しない。

 れ れ れ!?
こりゃ、困ったぞ。

そこで「USB 接触不良」で検索すると素晴らしい情報がヒット♪しました。ちなみに、接触不良ではなく接点不良というのが正しいようです。

「やったら簡単に解消した」という体験談はかなり見つかります。で、その大半の元ネタはこちらのようです。
▶ 接触不良USBを救うコンタクトRのナゾ

 

!レシートでこする。

これがすごい。
レシートの微細な凸凹でこすってて端子を磨くってことか、と思ったらそうではなくレシートに塗布されたコーティング剤(フェノール樹脂)が有効なのだとか。
こすり取るのは同じですが、かなり微細なレベルってことでしょうか。

早速試しました。コネクタに入る幅にレシートを折り曲げます。(印字のない白い部分ね)で、数回出し入れ。

 

USBコネクタ

 

 

さぁ、どうよ!? と接続すると・・・

 お!
いい感じ♪

 

ちなみにこのやり方では駄目だったひとの記事に、さらなる対策がありました。

接点復活剤を使う

へぇ〰、こんな物があるんですねぇ。
先々、又、不調になったときのためにポチりました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事