セロリとリンゴのサラダ|さっぱりしていくらでも食べられます
スポンサーリンク

最近のお気に入りレシピは「セロリとリンゴのサラダ」。りんごがハズレの時に作ったのが始まりです。
セロリは芯部分を買います。芯のほうが柔らかくて葉も全部食べられますし、持ちもいい。

【材料】セロリとりんご、生姜少々
味付けは オリーブオイル・塩・レモン果汁

【作り方】説明する必要もないんですが(>_<)

  1. セロリを繊維に沿って短冊切り。(面倒なんだけど)葉は細切り
  2. セロリに塩をまぶしている間にリンゴも短冊切り(この時期のりんごは皮が硬いので皮剝きしました)
  3. りんごを入れて混ぜ合わせたら調味料を入れる。オリーブオイル・生姜・レモン果汁
  4. 最後に粗めのコショウをパラパラ

ドレッシングも美味しくてすっかり飲み干してます。

 

 

おいしいパン屋さんがあって土曜日はパン・ド・ミの日で、早く行かないと売り切れてしまう。大のお気に入りなのですが、たいてい昼過ぎに出かけているので、長いことパン・ド・ミにありつけていません。
無性に食べたくなって、
今日は花粉がすごい、と聞いていたのですが、気合い入れて出かけました。


このパン屋さんは、(多分、私より年上の)おばあさんが焼いていて、あれこれ創作パンを不定期に作っています。なかなかセンスが良くてなかなかの傑作が多いのです。
「美味しい♪」と味をしめても、次にお目にかかれるとは限らないのが残念でもあり、ハマらずに済むのでありがたくもあり。

今日は画像にある「メープルシロップパン」がありました。

 

パンの半割り

 

外がメロンパンのようにカリカリになっていて、中にメープルシロップを練り込んであるらしい。持ち上げるとズッシリと重い。大きめだけど一個200円という値段からしても、メープルシロップがタップリはいっているのは間違いないわ。

これはホットミルクと絶妙に合うはず♪

一口かぶりついた。

ウんま!♪

画像では見えませんが、メープルシロップは下の方にタップリ溜まっていて、食べ進むほどに甘々になっていきます。そのたびにミルクをグビっと飲んで、口の中の"甘い"を流し込んで、またかぶりつきます。

しかし、最後の下の方はメープルシロップにパンが薄く張り付いてるような状態で、メープルシロップそのものを食べるようなものです。パンが足らない。まったく。
なので、これは残して、明日の朝、パン・ド・ミをトーストしたものに塗りつけることと致します。

ウォッホッホ、楽しみは続く・・・
今の季節だからか、セロリって香りと瑞々しさだけで何の栄養もなさそうに思えます。ちょっと調べました。
セロリの特筆すべき栄養価
・カリウム豊富…むくみ、塩分バランス
・ビタミンU(キャベツから発見されたキャベジン)…胃腸の粘膜の保護修復
・アピイン(セロリの香り成分)…イライラや頭痛を緩和、心を落ち着かせてくれる                        参考サイトヒトシア

こんなのいかがでしょう!? どうしようかな!?と検討中
廃棄寸前の食材の支援 オーストリア本場ソーセージ 2500円(送料無料)
スポンサーリンク
おすすめの記事