地元野菜でおいしいブランチ
スポンサーリンク

近所に生協が2つあります。一つはCO-OPで、もうひとつはA-COOP。JAがやっているそうで、ここに来て初めて知りました。
JAがやっているだけあって、農産物が新鮮で安い! とはいえ、北海道の鳥天さんち周辺とはえらい違いですが^^;

A-COOPには地元野菜コーナーがあって、近所の農家さんがその日の朝に収穫した野菜を持ち寄り、袋詰して並べています。その中に気の利いた方がいて、画像のようにちょっとした気遣いが入っています。

トマトにパジル、きゅうりには間引きした花♪ 

 

きゅうりの花

 

隣の階段の住人サトーさんの話では、本格的農家さんではなく、市民農園で栽培している女性だそうです。

 

そうそう、以前、クスクスをめちゃ安で手に入れた記事を書きましたが、あのショップでチョーお得な買い物をしましたよ。▶ Work-Italia
イタリア直輸入食品取扱で冷凍物がめっちゃ安いんですよ。
今回の目玉は「冷凍モッツァレラチーズ」1kg! ご覧のように丸くなってるので、必要な分だけ解凍して使えるのがグッドです。レビューを読むと「国内産のものとは味がまるで違う。」って!

1kgで2,624円です。店頭で売っているクラフトのものは90gで安くても280円とかですよね。なにより保存ができるのが嬉しい。さらにうまいなら言うことなし♪
送料がクール便だから高くなるのがいまいちなところですが、嬉しいことにこのショップは川崎市なんですよ。なので送料もクール便でも1000円以下。

今回はアウトレット(切れ端)の生ハムとパンチェッタも買いましたよ。

 

 

これだけ揃ったので、今日のブランチはイタリア~ン♪
トマトの乱切りに、これ又「地元野菜コーナー」でゲットした万願寺とうがらしと、モッツァレラチーズでサラダに。そして、クッパ(プロシュートに近い硬い生ハム)とグリシーニ(業スーでゲット)
ムフフのメニューです。が、残念なことにバジルがないっ!!!

毎年夏にはバジルを栽培してきたのですが・・・、今年は⬇この状況です。

 

バジル栽培の様子

 

 

隣のじっちゃんはこんなに見事なミニトマトを作っています。先日3個いただきました。直径4cm近い見事な出来でみずみずしくて美味しかったです。

 

ミニトマト栽培の様子

 

ほんとは団地の管理規約・細則で庭を勝手にいじってはいけないのですが、じっちゃんは畑にしています(^_^)
これ幸いとその50cmくらい横にバジルの苗を植えましたよ(笑)土が良いからメキメキ伸びると期待していたのに、虫に食われて・・・。よ~く観察しても虫は見つからないので、アリとかかなぁ。

しばらく様子を見て、だめなら鉢植えにしようと思っています。
あ、そういえば、先日イタリアテラコッタの立派な鉢をゲットできました。
一ヶ月くらい前に、鉢を手に入れなくっちゃ、盛り上がっていたのですが、近所に焼き物の鉢を売っているとこがない。乗り物に乗って買いに行っても帰りが重いので、どうしたものか。コロナウィルスも気になるし。とはいえ、通販は送料がめっちゃ高くなるし・・・と困ってました。
で、そうこうするうち諦めていたのです。
それがなんと、数日前にゴミ出ししている人がいたんですよ。
直径30cm近いでっかくて立派な鉢。しかも2個! ルンルン♪といただきました。するとその次のゴミの日にデザイン違いで又2個! これ又、1個だけいただきました。

以前はお願いすると(うまくいくときは)半年後に叶っていましたが、そのサイクルが短くなったのかしら。

 

1ヶ月に短縮!? 
キャー、うれぴぃ~♪

 

 

特に意識してお願いしているわけではないのですが、その事ばかり考えていると半年後くらいに実現することがままありました。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事