2023年ベストバイはこれ|うれし♪たのし♪の通販

2023年も楽しく通販しましたよ♫ 一時『貯金取り崩しの年金バァバらしく、もっとつましく暮らさなくちゃあなぁ・・・。』と考えた時期がありましたが、良いモノを使うたびに豊かな気持ちになるので、あっさり撤回w。
そもそもつましいとか、節約とか私の辞書にはないのでした(>_<)
浪費はしませんけどね。そんなに欲しい物があるわけでもないので。ただ、衝動的ポチリはまずいので、盛り上がった頂点でポチるのは禁止です。これやると、たいてい活用することがなかったり、使うたびに『なんだかな・・・』となるのがオチだと気づきました。

さて、そんななか、2023年のお買い物を振り返ると使うたびにほくそ笑んでいるものが例年より多かった気がします。

 

これはいい買い物だったわ♪
むふふふ

 

ベビーピンクの毛布は布団に潜り込むたびに幸せに包まれます。軽いのにとっても暖かくて♫

 

最近買った赤いメガネも大正解の選択でした。小ぶりのオーバルタイプで遠近両用レンズにはギリギリのサイズでしたが、すぐに慣れました。なにせ、遠近両用を使いだして30年以上経ちますから。
商品コンセプトは近視用のレンズの厚みを目立たせない、というもので縁の厚みが幅広くなっています。自分は遠視なので薄いレンズですが、このお陰でガッシリしてラフな扱いができます。軽さ重視で選ぶとツル部分が細く華奢になり、乱暴に扱えないものが大半なので、これは評価高いです。
もう一つの高評価はツルの先端に1グラムの重りがつけてあります。これにより、重心が後ろ寄りになり、鼻へのあたりが軽くなります。わずか1グラムですが、この違いは大きいです。パリミキのオリジナルフレームシリーズです。
フレームだけで7,000円。レンズは長年お世話になっているオウンデーズで。合計18,000円

 

フッ素加工からセラミックコーティングに切り替えたのも大正解でした。
焦げ付かないのもいいですが、思いもしなかった利点は鍋の内側が白いことです。これだと、調理の状況がわかりやすいんですよ。長年、ビタクラフトのステンレス多層鍋を使っていたので内側の色にまるで思いが至りませんでした。汚れ落ちがいいのも感激です。

 

にぎやかなパッチワークの椅子。これは名品を多く世に広めた50年代のイームズチェアの復刻版です。名品を手軽な価格で買えるので、『いつかこれを部屋に置きたい』と長いことお気に入りにしていました。これまでは在宅仕事だったので、キャスター付き5脚/上下するタイプのオフィスチェアでした。それも中古の"ご立派ホテル仕様のビジネス客向けの椅子"で、がっしりした重い椅子でした。外人向けなので座面が広く、長く座っていてもまったく疲れない。良い椅子は正しい姿勢で座らされるんですよね。椅子は価格に正直ですね。(払い下げの中古でもかなりの価格でした。)

それに比べるとこのイームズチェァはキャスターがないし、上下しないし、なかなか馴染みにくかったのですが、あれこれ工夫して快適になってきました。肘乗せがあるのが楽です。肘掛けにもたれかかってだらしない姿勢もとれます(笑)これも外人向けなので見た目の割にがっしりしていて、座面も広いのがいいですね。なにせ、見た目、可愛い。
中国メーカーなので流通経路が多く、価格差とクオリティに幅があります。しっかりレビューを読み込んでw ”間違いのない品質ながらも高くはない”を厳選しました。

 

 

この他、健康関連で購入した「塩化マグネシウム」や「雪塩」も、今では外せない健康法になっています。

養殖網の消毒処理をしていないオーガニックの「青混海苔」もこれまでで一番香り・味がよいものでした。厚みがあり、おにぎりには最適の海苔です。訳あり品でもまったく問題なしです。

そうだ! 最近購入した「ハニカムシェード」も大正解でした。しかも、楽しい後日談があるんです。長くなるから別記事で取り上げますね。

 

なんだかんだと騒がなくても
必要なものはやって来るなぁ。

「ン!?」と気になったものは深掘りしてみる価値ありますね。
「これ、今必要だよ。」とか「これで快傑黒頭巾!」というシグナルのことが多いようです。

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事