スポンサーリンク

今年は男性用日傘が人気になっており、意識の高い男性の間で「日傘男子」(日傘愛用者)が増えているそうです。
一番有名なのいとうせいこうさんですね。北村晴男弁護士も使っているそうです。

男性には女性以上に日傘を使った方がいい理由があります。
それは髪のダメージです。薄毛や抜け毛の対策になります。
皮膚についても、毎日顔そりしている男性のほうが女性より紫外線に弱いそうです。

以前の記事でも触れましたが、眼から入る紫外線により、疲労や老化の基になる活性酸素が出来ます。
▶ ▶ ▶眼から入る紫外線によるダメージ

外回りの仕事が多いビジネスパーソンにとっては、遮光日傘で冷熱効果による疲労の軽減も期待できます。

 

 

McRossa(マクロッサ)誕生秘話

McRossa(マクロッサ)~商品説明より~
いとうせいこうさん作のドクロがプリントされた史上最強の男の日傘。
遮光率100%・UVカット率99%以上の高機能ファブリック
日光と熱を徹底的に遮断する生地 "ヒートブロック"
二段式折りたたみ傘 55cm
心斎橋みや竹オリジナルの男性用日傘「Docrot」とAmvel(アンベル)の最新テクノロジー「ヒートブロック」がコラボレーションした 史上最強の男の日傘です。

 

2010年、いとうせいこうさんがツィート

いとうせいこうさん役
男日傘、売ってないかな?
あるなら情報を共有して、なかったら作る方向で傘屋を紹介してもらって。
必要だと思う人が一気に使い出せばひと夏で違和感消える。
俺、ドクロの柄の欲しい。

 

これがきっかけで傘のセレクトショップ「心斎橋みや竹・カサヤドットコム」の代表、宮武さんとつながり、オリジナル日傘の商品化が実現しました。
従来なかったポップなドクロのイラストの日傘が誕生し、ツイッターを通じて若者の関心を引き、7ダースがあっという間に完売したのでした。
これが、今や男性日傘のブランドになっているMcRossa(マクロッサ)誕生秘話、ってやつ。

宮武氏は日本洋傘振興協議会認定のアンブレラマスターの資格を持ち、「男も日傘をさそう会」会長としてマスコミやSNSでも日傘の有用性を提唱し続けています。
日傘に対する男性の抵抗感を払拭するために、持ち歩ける日陰、自分だけの日陰という意味の「ポータブルシェイド」あるいは「パーソナルシェイド」と提案しています。

宮武氏
炎天下を無防備で歩くのと、傘でブロックして歩くのとでは、どれだけ体力の消耗や疲労度が違うのかを一度実感してほしい。
日傘は自分の身をプロテクトするツールです。

 

 

《 日傘を選ぶポイント 》

  ~男性に限らず、女性にも参考になります~

  1. 遮光率100%のもの 体幹温度が10度くらい下がる効果あり
  2. 邪魔になるので、初心者は二段式の折り畳み傘がおすすめ
  3. ハンドルは長すぎず、短すぎず
  4. 天気の急変に備え、晴雨兼用仕様が便利
  5. 表地は涼感があり、ひと目で日傘とわかるもの

 

上のチェックポイントで捜すと、やはりMcRossa(マクロッサ)は完成度が高いですね。
私も欲しい。

 

McRossa(マクロッサ)はポップすぎ、も少し落ち着いたものが・・・
という方にはコチラ。
さりげないながら高級感のある逸品ですね。
お父さんへのギフトで人気になっているそうです。素敵な色合いですね。
この日傘は280グラムと軽いです。それは遮光100%ではないからのようですが、ユニチカテキスタイルが開発した強力な紫外線予防機能がある「CX-サラクール」という生地を使用しています。

もっとも厳しいオーストラリアのUVカットの基準値における最高等級とされる(50+)認定を得ています。 

もの知りウサギ
「CX-サラクール」はハイクォリティーでグレード感あるコットン に強力紫外線予防の機能性をプラス。 繊維内部に特殊セラミックを入れてあるから有害波を遮断できるんだよ。

他にも男性用日傘が充実しています。皇室御用達だそうです。

樂天ショップ▶ ▶ ▶  傘の心斎橋みや竹kasaya.com

スポンサーリンク
おすすめの記事