柿酢づくり2 |追加投入

先日仕込んだ柿酢ですが、どうも失敗したようです。

ネットの複数のレシピに「気をつけるのはカビをマメに取り除くことくらい」とあったので、表面の白いものをティシュで拭き取っていました。
日々観察しているのですが、なんか、変化が遅い感じ・・・

 

う~ん!?
なんか妙だなぁ・・・。
そもそもカビというのはどんな感じででてくるのかなぁ

そこで改めて検索。検索キーワードに「カビ・酵母」の2つを入れたところ、疑問に思っていたことの回答が見つかりました。

そう、白いものこそ酵母だったんですよー!

 

泡がブクブクしてきて、アルコール発酵しているならば、その白いカビは、酵母菌の可能性大なのです。
泡はブクブクとまではいかないものの、ポツポツ出てはいます。

瓶の中に黒、青、赤、オレンジなどの白い色ではないカビが発生していたら、それは、腐敗菌です。
あっりゃー!カビ、つまり腐敗菌は色付きだって!w

もの知りウサ君
本来、酵母は透明なんだよ。
たくさんの酵母があると白色に見えたり
他の細菌と合体すると色が赤や黄、グレーに見えることがあるんだ。
柿酢づくりについてはこちらを参考にしました。
空気が好きな酵母菌は表面に集まるので、全体に行き渡らせるために「一日一回かき混ぜる」のでした。

なぁぁんだ、そうなのかぁ
せっかく増えてきた酵母菌を捨ててしまっていたのかぁ。  ガックシ
このタイミングでAコープの地場農家さんのコーナーに情けない柿が一袋6個、130円で置いてありました。柿酢が頭になければ

いくらなんでも、これでお金を取るのは厚かましいでしょ
という柿ですよ。うちの庭の柿より一回り大きいけれどそれでも小さめ。見た目はうちのよりはるかに悪いし、半分はグジュグジュに崩れてるんだもの。
でも、柿酢の材料としてみればこれは「もっけの幸い」な状態ではないのか。
やり直すには丁度いいわ、と買ってきました。
大好きな大秋柿も出ていたのでこれは食べるために購入。剥いた皮はいっしょに仕込みます。
柿酢がうまく出来たら、リンゴ酢とかも作れるのかしら。市販のお酢ってなかなか美味しいと思うものがないから、美味しく出来たらこれからは自家製お酢にしようかなぁ、と夢が膨らんでいますよ。

【本日の状態】2021/10/9

なんかいい感じ♪

左のリベンジ分は順調に崩れてきました。色合いが赤いのはジュクジュク柿だったからでしょう。右の初回分も復活してきれいに崩れています。酵母菌を捨ててしまったから、泡立ちは弱いです。

 

柿酢熟成途中

 

 

【本日の状態】2021/10/10

酵母菌復活

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事