スポンサーリンク

アマリリスが大好き。
クリスマスの頃、鉢植えの球根が箱に入ったギフト用のものが出回りますよね。あれ、時期が過ぎると半額くらいになります(^_^)v それを買って栽培しています。
球根がようやくおさまるくらいの小さな鉢なのに、見事な花を咲かせるのがとてもうれしいです。
そして花が咲き終わったら、その球根を一旦、乾してから、適当に鉢植えにしていました。
ひとまわりデカサイズのアボカドの種も、同じ鉢に植えていましたが、今ではこんなに繁っています。

ベランダのアマリリス

アマリリスは毎年ではなく、何年かに1度花をつけます。いつの間にか2株になっています。
一昨年はひとつの株に1本づつの花が咲きました。
去年は咲きませんでしたが、今年はなんと3本も花が咲きました。もともとの株に、2本咲きました。
始めは心許ないくらい小さなつぼみですが、日に日にぐんぐん大きくなります。
花が開く前に、切り取って花瓶に挿して楽しみます。
四つのつぼみがまるで拡声器のように開いていくようすは、ダイナミックでゴージャス!
思わず笑みがこぼれます。

ほんとにほったらかしなのに、こんなに楽しませて、元気づけてくれます。ありがとう。

今後のために検索した「花が咲いてからの栽培で気をつける最低限のこと」をメモしておきます。(鉢植えの場合)

 

ヒントのイラスト
葉が8枚以上あれば
球根のりん片が片側5層以上になって
花芽が2つ以上できるのよ。

【開花後の管理】

  1. 花が終わり花梗が枯れると、葉が展開を始め、1カ月に約2枚の割合で増えるので、日当たりのよい場所に置いて十分に光を当てます。
  2. 梅雨があけると日が強くなり、日光に長く当てると葉焼けを起こすので、9月中旬頃までは約50%遮光して葉焼けを起こさないようにします。
  3. 生育中に土を乾かすと株が弱り、早く出た葉が枯れるので、土は乾かさないようにします。
  4. 秋の長雨に当てると病気にかかり、葉が早く枯れ上がるので、秋雨シーズンは軒下などの雨の当たらない場所に置きます。
  5. 9月下旬頃になると葉の増加が止まりますが、葉が8枚あれば球根は十分に肥大しているので、翌年も花が咲きます。
  6. 晩秋になり夜温が下がると葉が黄ばむので、徐々に水を控えて休眠させます。
  7. 越冬は鉢ごと凍らない場所に置くと安全ですが、霜や雨水が当たらない場所でも越冬できます。休眠中でも土を乾かしすぎると根が弱るので、鉢土は少し湿り気を保たせておきます。

引用元 サカタのタネサイト

スポンサーリンク
おすすめの記事