重金属・電磁波の排泄(解毒)方法を調べました

前回記事以降、ワク珍に含まれる”体に害になる物質”の排泄方法を調べまくっていました。だいたいまとまったので提案の形で記事にします。記事をひとつの提案と受け止めて、自分なりに調査して自己責任で、体を観察しながら行動してください。

前回紹介した2本の動画、とても明晰な内容でしたが、最新の情報では枠チン害は寄生虫などの生物ではなく化学物質、重金属類、特に’酸化グラフェン’に絞られているようです。この理由により、元記事では寄生虫対策も書いていましたが、削除しました。

重金属対策

様々な金属の解毒(デトックス)に一番効くというのがMMSのようです。MMSは亜塩素酸ナトリウムや次亜塩素酸カルシウムといった酸化剤のことです。
MMSのような酸化剤は病気を治す薬ではありません。酸化剤は酸化殺菌、毒物の分解に利用します。

亜塩素酸ナトリウムは、クエン酸などの酸と反応して二酸化塩素を発生します。
発生した二酸化塩素をMMS-1と呼びます
これね、すごくまずいらしいです。そして解毒方法は結構面倒というか、きっちり容量を測る必要があって、それも細かい単位なのでワタシゃ途中で投げました(>_<)
興味がある方は「MMS 解毒 方法」などで検索してみてください。

粘土デトックス

MMSの代わりになる方法を見つけました。これは予備知識があったので深掘りしました。
それは土。30年くらい前かしら、美容でクレイ(粘土)がブームになったことがありました。クレイパック、クレイバス、クレイシャンプーとか。東急ハンズにいっぱいありました。
オーストラリアのクレイがいいというのでオーストラリア在住日本人の方から買って、クレイ入浴したりしてましたよ。その時、海外では普通にデトックスで粘土を飲むと知りました。

粘土、珪藻土、ゼオライトなどの土はイオン交換能があるため
真菌や重金属を吸着して体外に排出するために用います。
Amazonにデトックス・ベントナイト海外製品があります。サイドバーにリンク。

もの知りウサ君
ベントナイトは粘土鉱物モンモリロナイトが主成分だよ。
レビューを読むと、毎日飲んでる人も居る!
ゼオライト
ベントナイトよりデトックスに優れていると思うのがゼオライトです。ゼオライトは除湿機、乾燥剤、猫砂、魚焼きオーブンの臭い消し、土壌改良剤など、身の回りで様々に使われています。
ゼオライト
ゼオライトは、沸石とも呼ばれるアルミノ珪酸塩鉱物で大きな特徴としては結晶構造に由来した微細な空洞(微細な空気のすきま)を有している。
活性炭に比べてとても小さい為(1/4~1/80以下)活性炭では不可能な分子サイズでの吸着が可能。
吸着機能、触媒機能、分子ふるい機能、イオン交換機能(科学吸着)といったさまざまな用途に利用されている。

もの知りウサ君
放射性廃液の処理にも使用されるんだよ。
福島原発事故に伴う汚染水処理でも使用されているんだよ。
ゼオライトは、ケイ素(Si)が酸素(O)を介して結合した籠のような基本骨格(一部アルミニウム)をしており、全体としてはマイナスの電荷を帯びている。
そのマイナスとのバランスを取るために骨格構造の中に陽イオン(プラスの電荷を帯びた原子)を取り込んでいる。
ゼオライトが有害物質を効率よく吸着できる理由の第1はその籠状の骨格構造にあり、第2はそこに含まれる陽イオンの働きにある。
重金属や放射性物質の多くはプラスの電荷を帯びた陽イオンなので、そこにゼオライトの粒子が近づくと、マイナスに荷電した骨格構造に引き付けられる。そのとき、もともと骨格構造の中にあった陽イオンよりもマイナス電荷に捕らえられやすい物質であれば、もとの陽イオンは追い出されて後から来た重金属や放射性物質が細孔に収まる。(イオン交換という)
体内においては、ゼオライトは消化管を通過しながら、水や食物と一緒に侵入した有害重金属や放射性物質を吸着し、最終的に便と一緒に排出される。
また、非常に小さな微粒子に加工されたゼオライトの場合は、腸壁から吸収されて細胞を守る細胞外液において有害重金属や放射性物質を吸着し、腎臓を経由して尿と一緒に体外へ出ていくという経路をとる可能性も示唆されている。
引用元:放射能デトックス 話題のゼオライトを徹底検証
ベントナイトと比較すると、粒子が圧倒的に細かい。なので吸着能も高くなります。
デトックス目的のゼオライト商品は、Amazonにあります。
▶ ゼオライト粉末 454g、超微細、20μm未満
海外のもので、使い方は書いてないようです。レビューを見て参考にします。
しかし、日本のものが最も品質が良い(細かくて純度が高い)と知っているので国産にこだわりたい。購入できるところを探しましたが、一般の用途は土壌改良目的が主のようです。なので量が多い! ようやく、お試し用に粒径63μm~250μmのものを少量袋で販売しているところを見つけました。販売元には”デトックス”に関する記述はありません。取扱商品の中で最も細かいこの商品は酪農や養殖魚の餌に混ぜ込んで使う、などの用途のようです。なので、飲んでもいいだろうと思っています。自己責任。(デトックスと関連付けられるのは困る、とのことなので企業名などの詳細はご紹介できません。)
ちなみに、上記のAmazonにある海外ゼオライトの粒子が20μmですから、如何に粒子が細かいかわかりますよね。

もの知りウサ君
ちなみにμm(マイクロメートル)は 0.001mm だよ。
検索していて「ゼトックス」という商品を見つけました。ゼオライトとフルボ酸を海洋深層水に溶かしたもので、口中にスプレーして使うものです。Amazonにあります。サイドバーにリンク。
Amazon以外でも販売されていて、コロナを意識したリピーターも多いようです。取っ掛かりとしては良いのではないか、と思います。
フルボ酸
フルボ酸

フルボ酸は、海藻類が長い年月の間に微生物により分解されて生成された腐敗物質(フミン物質)のうち、沈殿しない無定形高分子有機酸を酸によって抽出したものであり、限られた場所にしか埋蔵されていない貴重な資源です。

幅広い種類のミネラルとアミノ酸が含まれているフルボ酸には優れた抗菌力、体内からの有害物質等の分離・浄化作用などがあり、抗ウイルス作用、抗炎症作用などの薬理効果も注目されています。

日本では食品として認可を受けている一方で、ヒマラヤ地方やインドなどでは若返り薬として珍重され、ドイツではフルボ酸を含むピート(泥炭)が関節炎やリウマチ、脊椎炎、痛風、皮膚病などの治療に用いられています。
引用元:ゼオライト生命体応用研究会 http://zeo-lite.jp/index.php?chapter=4&num=8

ウンチクうさ君
豊富な酵素、ミネラル、ビタミンを含んでいて、ミネラル摂取としての健康食品や美容面でも話題になっているんだ。
フルボ酸についてははじめて知りました。まだしっかり調べていませんが、フルボ酸だけでもデトックス効果が得られるようです。これも国産のものが圧倒的に品質が良いようです。
販売されているものは「デトックス目的」と明示してあるので、安心して飲めますね。それに、デトックスだけでなく、ミネラル摂取、それも電子の形で摂取できるのが良さそうです。デトックスとミネラル摂取の相乗効果もあるのでしょうか。いまいち、割高感はあります。
※フルボ酸については改めて補足、あるいは新たな記事を用意しなきゃ・・・。
Amazonにあるこちらの商品、そそられます。フルボ酸の説明が簡明で参考になると思います。
楽天に上商品のOEMブランドと思われる小容量のものを見つけたので注文しました。

 

参考サイト:https://jo-mineral.co.jp/fulvicacid/(日本オーガニックミネラル株式会社) https://furubo.net/fulvic/ (日本フルボ酸総合研究所)

補 足

「ゼオライトが生命(いのち)を救う!病気にならないデトックス健康法」という本がありますが、どうやらこの本の著者は「ゼトックス」開発グループ関係者のようです。興味深いのですが、高いので諦めました。が、しっかり目次だけでゼオライトにデトックス効果があることを把握しました。目次だけで用が足りましたw 目次

電磁波対策~準備中~

最後になりましたが、前回動画の要点は「酸化グラフェンが電磁波被爆を増幅し、それが原因で様々な症状が出る。」ということでした。電磁波については昔からその悪影響を指摘されており、対策になるグッズ(?)もたくさんあります。ワタシもそういうものに随分お金を使ってきましたわ。目に見える変化はまったくかんじませんでした・・・(>_<)

動画を見て、コロナとは関係なく、日常的に対策が必要だな、と改めて思いました。そこで、又アレコレ調べました。非常に多くのことが理解できました。なので、電磁波対策については次回にします。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事