WordPressバージョンアップ (5.5)はテーマにより不具合発生、回復法
スポンサーリンク

あらっ!ビジュアルモードになりませんっ。原因は昨日WordPressバージョンアップ (5.5–ja)したからね。間違いない。有料テーマのDIVERも更新通知があるからこれで解決するか、とやってみたけど、アカン。この調子で改行もままならない。とにかく、この記事見たら (5.5–ja)の更新はやめときましょう。テーマによっては問題ないらしいですが。とりあえず人柱になりたくない方はやめといたほうが賢明ですっ。

その後の対応と回復まで

有料テーマ「DIVER」の作者さんに問い合わせたところ、DIVERのバージョンアップで解消しています、とのこと。それでは解消しなかったので、再度問い合わせ。

次のアドバイスは

  • ブラウザキャッシュの削除
  • 使っているプラグインを無効化して試してください

とのことでやってみましたが、アキマセン。
それにしても購入してから無期限のサポートはほんとに心強いです。解消しなかったとしても。

あとは自分で解決法をさがすか・・・とネットで検索すると、同じ不具合が出た人がすぐに見つかり、対処も示されていました。ちなみに今回のバージョンアップの不具合ははかなりな騒ぎになってる感あります。

 

解決したサイトの対処法はもとに戻す。(笑) 元のバージョンに戻したそうです。
そういえば、 WP更新のとこに「もとのバージョンに戻す」という選択肢があったなぁ、と確認すると

ありゃ!
ないわ。なくなってる!
いつのバージョンアップからなくなったのか!? とりあえずないものはない。
ダウンバージョンの具体的なやり方を書いているサイトを探すと「ダウンバージョンするプラグイン」があり、それで簡単にできたそうです。その手順も紹介されているので早速やりました。

 

回復手順~ダウンバージョンプラグイン

ダウンバージョンできるプラグインは【Up-/Downgrade Core】です。紹介してくれたサイトでは「ブラグインの新規追加」ができなかったそうですが、ダメ元で試したらあっさりできました。

プラグインの検索窓に「Up-/Downgrade Core」を入れると表示されるので「すぐにインストール」ボタンクリック。インストールが済むと「有効化」ボタンが出ますから「有効化」します。

 

 

有効化で「インストール済みプラグイン」一覧に表示されます。

 

Up-/Downgrade Core使い方説明

 

ここで「Setting」クリックすると起動(でいいのかな)した画面がこちら⬇

  1. 窓に戻したいバージョンを入れます。
  2. 変更を保存
  3. Up-/Downgrade Core をクリック

 

Up-/Downgrade Core使い方説明

 

 

これで「ダッシュボードの更新」を見ると⬇が出ます。

 

Up-/Downgrade Core使い方説明

 

これでひとつ前のバージョンに戻せました。
バージョンを確認すると大丈夫、戻ってます。

 

WPバージョン確認画面

 

で、問題の投稿画面を開いて確認しました。
ビジュアルモード/テキストモード 切り替えできます♪

 

やれやれ。
現状に不満がない限り
バージョンアップはしないことですね。

オッチャン
せやで、ホンマに。
変化に対応する能力が落ちてんねんで。
何事も。これが現実やて。
てなわけで、一日があっという間に過ぎたのでアリマス。
チャンチャン!

スポンサーリンク
おすすめの記事