スポンサーリンク

自分しかアクセス無いのはわかっているので(>_<)、サイト開設時にアナリティクスで自分のアクセス回数が除外される対策はしています。過去の分を見る必要があるかも知れないので対策していました。わたしがやれるくらいですからw 簡単ですよ。

■ アナリティクスで自分のアクセス分を除外する

自分のサイトのアクセスを解析してくれるGoogleのアクセス解析「アナリティクス」を使うときに便利な拡張機能です。

アナリティクスのデータには自分がアクセスした回数や、滞在時間などのデータが含まれています。

サイト開設して間もないこのサイトのように、他人のアクセスは滅多になく(T_T)
確認のために何度も何度も、繰り返してアクセスしているのですから、自分のアクセスデータばかり・・・ということになります。
これではなんの参考にもなりませんよね。
立派な、ヤラセですもん(>_<)

そこで自分のアクセス(自分のパソコンからのアクセス)はデータに入れない、という設定をしたいですよね。
その方法というのは「自分のIPを除外する」というものでした。かつては。

「IPを除外する」といっても、個人の場合特定のIPではないので、これは無理な話で、事実上自分のアクセスを排除することは出来なかったのです。なので、これまでは諦めていたのでした。

ところが、最近はこれを可能にする簡単な方法があるんです。
「Google Analytics(オプトアウトアドオン) 」の利用です。自分のアクセスを除外するプログラムでChromeの拡張機能の1つです。アドオン(ソフト)をにインストールするだけです。

 

「Google Analytics(オプトアウトアドオン) 」利用法

下記リンクから、「Google Analyticsオプトアウトアドオン ダウンロード」のボタンをクリックします。

 

ダウンロードします。

ダウンロード説明のクロームキャブチャ画像

 

次ぎにこの画面になります。

Chromeのキャブチャ画像

 

「Chromeに追加」ボタンをクリック 

次ぎに・・・
何もしなくても、これでおわりっ!
メチャクチャ簡単でしょう。(笑)

年のため、確認しておきましょう。
Chromeの設定画面を開きます。
Chromeのメニューバー右端にある「●が縦に3個並んだアイコン」をクリックして、設定を選択します。

設定画面が出ます。拡張機能を開いてみましょう。
拡張機能の一覧に「Google Analytics(オプトアウトアドオン) 」があればOKです。

 

設定画面のキャプチャ画像

 


先ほどネットをうろついていたら、投稿記事作成の時にプレビューすると、それもカウントされる、という情報がありました。

ひっ! ひょえ~っ!!! 
おば半、散々プレビューしてまっせぇ~!!!

「/draft/」で始まるURL があると、それがプレビューしたぶんなのだそうです!
早速こちらの記事を参考に確認しました。
⇒ WPでプレビュー画面のアクセスをアナリティクスから除外する方法

・・・・レ!? 
ないよ。な~んもありませ~ん。

 

で、ここまで書いてなんですが・・・(>_<)
このアドオンをいれていなくてもワードプレスの有料テーマDiverの仕様で、始めから対策されていたようです。

詳しくわからないのですが、アナリティクスのコードを入れるとき、テーマの仕様で「/draft/」で始まるURLは入れない、というようなコードになっているらしいです・・・。Diverに限らず、SEO対策済みを謳った有料テーマでは当然の仕様のようです。

あ~、よかった。

 

■ スマホでアクセスを除外する簡単な方法

スマホなしのおば半には無用な知恵ですが(>_<) 検索途中で気がついたのでメモしておきますよ~。
アンドロイドなら「Sleipnir Mobile」を使えば「Google Analyticsオプトアウト」が有効だそうです。

クッキーを触って除外する方法が一般的なようですが、ブラウザで解決するなら簡単ですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事