窓から見える庭の景色
スポンサーリンク

ごく私的な記事です。グダグダ綴ります(^^ゞ 

転居先の物件が決めました。実は先日の団地記事を書いているときには手付金を払った後です。記事を書き始めてから、あれこれ団地を見て回り、土曜日(23日)に見た物件に決めてました。書きかけの記事を形にしなくては・・・と、時系列無視で書きました。

 

 

ネット検索で見つけた物件に問い合わせると、熱心に売り込み(?)があります。その中で相性が良い方がいましたので(勘で)この方だけに絞って相談していました。
オババの対応能力がひとり、って事で。(^^ゞ
ちなみにどこの物件でも、聞きたいことがあればひとりの担当者で間に合います。不動産業界共有のデータベースが利用出来るから。

自分の予算は購入代金+手数料諸々で1000万。リフォーム不要物件なら900万まで。リフォームが必要ならそれより400万くらいは安い物件です。

検索スキルを活かしてひとりであれこれ捜し回り、「これは?」というものがみつかると相談する、という流れでした。

担当してくれた方が(Aさん)
「予算オーバーですが、リフォーム(リノベ)の参考になると思うので、見ませんか。」と言ってきました。自分で見つけた物件をいろいろ検討した挙げ句
「竹山団地に比べると・・・やはりイマイチです・・・」というフレーズを多用したからかw 
竹山団地で捜してくれたようです。
先週の土曜日昼過ぎにその物件を見に行きました。4階建ての1階の部屋です。築49年。

竹山団地の概要

竹山団地は横浜市緑区にあり、前回記事でも触れたように「団地ウォーカー」の間でも名の知れた団地です。

横浜市緑区竹山団地航空写真
団地中心に人工池があり、池際に立つ棟の一階部分がヨーロッパ風のアーケードになっていて商店があります。(団地商店としては例外的に活発だとか)
池近くにはシンボリックな高層棟があり、その周囲にさまざまな階数、形状の棟が並んでいます。 総戸数:3308戸. 人口:約7,719人(平成22年9月現在)

古い記事ですが、マイナビに記事があります。▶ ▶ ▶ 川床団地・竹山団地

件の物件は50m2くらいで、リノベー済みでしたが、リノベのセンスがよく、自分の趣味から見て9割は満足しました。なにより団地サイズではなかったのに安堵しました。

団地サイズ! これね、まったく頭になかったのですが、実際の部屋を見るとひっくり返りますよ! 
竹山団地の前に見た「藤の台団地5階建ての1階」の物件がコレでした。
玄関を空けた途端に、眼がクラクラ~とするくらい、日常の距離感覚が違うんですよ。

天井高が低い!身長150㎝届かない私なのに。案内してくれたAさんはかがまないとカモイに当たっちゃう。(彼は175㎝ちょっとだそうです

ドアの高さが170㎝でした。今の住まいのドアは縦182㎝あるので、12㎝の違いはかなりなのでした。
天井高については正確ではないですが15㎝は違います。団地は床のリノベで床がせり上がることになってしまい、結果的に天井高が確保出来ないケースもあるようです。

今検索したら畳サイズでこの違い。ドアのサイズが畳1枚って感じなので、かなりの違いがあります。

現在、住宅広告では、1畳を1.62平米以上と決めています。
1.62平米は180cm×90cm相当です。
これに対して、団地の畳サイズは170cm×85cm
直前にこの経験していたのでよかった。竹山団地物件は今の住まいと大差なく合格でした。同じ築年数の団地ですが、いろいろ違いがあるようです。確認していませんが、4階棟と5階棟の違いかも知れません。
竹山団地の物件は、非常に好印象でしたので予算の数字が薄れてしまいました。聞けば私の前に2組見学していて、そのうちの1組が「明日親にも観て貰って結論を出したい。」と言っているそうです。
私の後にも予約があり、明日はその親御さん以外にも1組予約・・・。
ぬあんと! それはマズイ。1階だしリノベ済みなので人気のようです。見たら気に入る可能性は非常に高い物件です。他の団地を見た後なら必ずそう反応します。間違いない!
う~~~ん。こりゃあ、早いもん勝ちで取られてしまうかも!
エエィ、ままよ。・・・となり

「買いますっ。ここ。ここでいいです!!!」
となったのでありました。焦ると結論が速いんですよ、このオババは。(>_<)
それから、その日のうちに手付金を払わなくてはならい、というのでATM直行。なんだかんだで手続きに数時間要して、売り主(不動産業者)さんに手付金渡して、ようやく終電で帰れました。
昼過ぎに物件を見て、その日の夜中までに支払い、ですよ。
売り主さんが来たのは22時頃。「契約だよ~」と、携帯で呼び出されて駆けつける。すこい業界ですよね。
帰り着いたら、長い緊張感と体力消耗でへたり込んでしまいました。
それから数日経過して、今朝、ふと気がつきました。息を引き取るときの景色が変わるなぁ、と。
今、1日で一番見ている景色はこれ。
部屋からの眺め
このビルの壁がこの庭先になるんですよ。
部屋から見える庭先
見えている木は桜の木。枝を幅7メートルくらいに広げた立派な木です。写っていませんがすぐ右にも数本並んでいます。向こう側には団地が続いていますが、階段状に数段下になるので向かいの棟の屋根が見える程度で、視界を遮るものがありません。
今の住まいの売却は買い取り業者に依頼します。2割ちょっと安くなりますが、購入物件をじっくり選びたかったので、購入が決まってから売却、と考えていました。
通常の住み替えは逆にするらしいです。2割の違いは大きいですものね。
私的にはヤキモキせずに済むので、安くなってもこの方が精神的に楽です。
ということで、さぁ、これからいよいよ引っ越し作業に突入です。
引っ越しには、詳しい事情を書くこともままならないくらいのトラウマがあるのです。なので、どうなることか!?と怖いです。
しかし、ここは踏ん張って、なんとかこなしていかなくては。

補 足

団地のリノベーションに関する参考サイト (一級建築士さんサイトです)
リフォーム後の室内
レンズのマジックで広々とした空間に見えます。
実際は全然狭い! 6畳2間をつなげてあり、天井に梁が残っています。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事