スポンサーリンク

防災の日、NHKが恒例のMEGAQUAKE巨大地震特集、をやっていました。
いつも身構えて(^^ゞ 見ないようにしてるのに、たまたま今回は見るハメに。

【番組概要】
「国難」とも警戒される巨大地震が、いま日本に迫っている。マグニチュード9の南海トラフ地震だ。最新研究によって、そのXデーの到来を切迫させる不気味な現象が、海底のはるか下で発見された。いざ巨大地震発生の可能性が高まった場合、国は「臨時情報」を発して事前の備えや警戒を促すという新たな制度も打ち出した。そのとき何が起きるのか。大規模アンケートに基づくシミュレーションドラマでリアルに描き出す。

 

このリアルにかきだすシミュレーションドラマをみると、混乱と不安が増すだけ。
臨時情報は一旦だすと、解除するタイミングがものすごくむずかしいのです。
解除する根拠がないのですから。
自治体の首長が判断するのに必要なのは「地震が起きる確率が下がりました」と確信が持てるデータになるのでしょうが、地震が発生する前に損なデータがあるはずがないのは明白なのだから。
出したら引っ込められない臨時情報。関係する人はとんでもないストレスですね。

 

この番組を見ていたら、メンタルがおかしくなりました。強烈な不安で心のパンドラのフタが開いてしまった。大きな喪失を経験しているのでトラウマが噴き出してきました。
久々に自分を取り戻すには、どうしたらよかったんだっけ!?と右往左往しました。

ああ、やっぱり、見るんじゃなかった。

 

この番組を見ると、ひたすら脅されている気持が強くなります。
危機感を煽る演出を何とかしてもらいたい。演出の必要すらないテーマなんだから。
それと、これが一番なんだけど、

「どうせぇちゅうの!?」
 
都内の避難場所は1人当たり何平方あるのでしょうか!?
立つのが精一杯でしょ。
知らない人と押し合いへし合いで、ますますパニックになる・・・。

避難所より壊れかけたここの方がマシ、とマンション住人と話したことがありますよ。

私は雨露しのげるかぎり、ここ(11回建てマンションの5階)に、猫を抱きしめて居続けます。

 

自分が被災しなくても、こんな桁外れの地震が起きると、国難そのもの。
番組冒頭で
「最貧国に陥落する可能性すらあります。」と学者とおぼしき人のコメントがありましたけどね。表現にデリカシーがなさ過ぎる!!!

これがもっとも怖い。経済損失。経済が瓦解すると気持が萎えてしまう。

東日本大震災の復興特別税は、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの25年間、ですよ。所得税と住民税、法人税から引かれていて、25年間にわたるとなればかなりの額ですよ。

東日本大震災の被害額は直接の被害総額としては16兆円とされています。
さまざまな方面への影響も含める経済損失となればもっと大きい。乱暴に十倍しても160兆円です。
「南海トラフ大地震」の想定額1410兆円は桁が違うのがわかりますよね。

経済インフラだけではない、産業に関わる人が大勢失われてしまいます。
たとえ命が残っても気力が失せてしまう人の数がどれだけになることか。
被災しなくても心折れる人は、状況が深刻になるにつれ増えることはあっても減ることはないでしょう。日本中の心が折れて萎えてしまう。

 

などと、「考えまい」と思っても、次々に心に浮かんできます。
"個人に何が出来るというの!?"
という思いでいっぱいになります。

今ですら暮らしに窮しているというのに・・・。不景気になったら・・・ばあさん、どうして暮らせば良いの!?
後味の悪い番組ではあります。番組に明確なメッセージがないからですよ。

 

でも、まぁしかし、何かしないとメンタルが回復しないので、自分が一番困ることを想像してみました。それに対策すれば、少しは気持ちが落ち着くのでは、と思って。

一番メンタルにキツイのは、水とトイレが不自由になることだと思います。
食べることについては数日食べなくても死にはしません。身体に備蓄がある(笑)猫の分だけは確保しておかねば。

で、水20リットルと簡易トイレセットを購入しました。トイレセットはいろいろありますが、保存に場所を取らず、つかいやすく、ひとにさし上げるのにも便利そうなのでこれにしました。楽天にメーカーの公式ショップがあります。

 水は、あれこれ飲んでこれが「究極の名水」と思ってます。「ph8.2のアルカリ水(高い還元水)」です。こちらは通販最安。そもそも通販の取り扱いが少ない水です。
▶楽天≪送料込み価格 同梱包不可 北海道、東北、沖縄は送料1000円加算となります≫吉野 大峯山のごろごろ水 20L

スポンサーリンク
おすすめの記事