エコノミー症候群、冷え性に著効|手軽にやれる貧乏ゆすりと地団駄踏み

ちょっと前に見かけた「たけしの家庭の医学」(再放送)で貧乏ゆすりの効果についてレクチャーしてました。
リモートワークで座っている時間が長くなったので、座りっぱなしで起きるエコノミー症候群に似た症状を訴える人が多いとか。このような不調を抱えている人のためのタイムリーな特集でした。途中から見たので、ネット検索も含めて得た「貧乏ゆすりの効果」についてまとめます。

 

エコノミー症候群とは・・・
長時間座席で同じ姿勢のままでいると、血流が悪くなり血管の中に血のかたまり(血栓)が作られ、そこに痛みや腫れが生じることがあります。(深部静脈血栓症)
血栓はがれ、血流に運ばれて肺の血管につまると、胸が痛い、呼吸が苦しいなどの症状をおこします。(肺塞栓症)
肺塞栓症は、程度が重いと死亡する可能性もある重大な病気です。
まぁ、ここまでは行かずとも、むくみや足の痛み、冷えなどの症状が多いようです。
これらの症状を簡単に解消でき、未然に防ぐと紹介されたのが「貧乏ゆすり」です。

貧乏ゆすりは、かかとを上下させてふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせますよね。これがふくらはぎの血流を促します。
ふくらはぎは「第二の心臓」と言われるように足腰に滞りやすい血液をポンプのように心臓へ送り返す働きがあります。なので、この筋肉を動かすと、足だけでなく全身の血行がよくなります。

 

ふくらはぎの筋肉の伸縮によって深部静脈が、圧迫されたり開放されたりします。
静脈には逆流を防ぐ弁があるので、ポンプのように心臓に血液を送り込みやすくなります。

 

血行が良くなるので、むくみの解消にもつながります。

 

むくみは血管から漏れ出た余分な水分が皮膚の下にたまる状態です。
むくみは女性に多いのですが、これは女性は筋肉量が少なく、さらに皮下脂肪が多いので起こりやすいのです。
血流が改善すると、余分な水分が血管に取り込まれてむくみが解消します。

番組では取り上げませんでしたが、ネット検索で「貧乏ゆすりは変形性膝関節症に効果がある」という情報がありました。

変形性股関節症は中高年以上に多く、加齢や運動不足、肥満などが原因で起こるとされています。股関節に隙間ができた結果、軟骨がすり減って炎症を起こし激痛が生じるそうです。
柳川リハビリテーション病院(福岡県柳川市)はこの病気の治療に貧乏ゆすりを積極的に取り入れているそうです。

 

京都大学・秋山准教授
詳しいメカニズムはわかっていないが
軟骨を培養するときに外から刺激を与えると成長しやすいという報告がある。貧乏ゆすりでも、軟骨を再生する効果が期待できる。
ちなみに、貧乏ゆすりをしすぎることで関節痛を引き起こしたりしないのか、という心配について、どの専門家も否定しているそうです。
軟骨だけでなく、骨も刺激を与えられることで活性化するので、「かかと落とし」は骨粗鬆症対策にもいいですね。

こりゃあ、いい事だらけだわ♪
座面の低い椅子「あぐら椅子」に腰掛けてテレビを見ているので、番組を見ながら早速実行しました。
やってみると正統派wの貧乏ゆすりって、結構疲れますねぇ。小刻みにすばやく動かすのは大変ですわ。ゆっくりやったら貧乏ゆすりって感じじゃないし。
ままよ、と足底を床から離して、ドンドコ♪ドンドコ♪と「地団駄」踏み鳴らしてみたら、これは楽にできます。スピードアップも可能♪
足裏全体をドスンと落とすので骨に刺激があって、これゃあ、貧乏ゆすり以上の効果かも。

これまでも骨粗鬆症対策を意識して、「その場飛び」や「ドスンドスン歩行」(荒っぽく歩きます)をしているのですが、座ってやる、というのに気が付きませんでした。やってみたら、当然のことながら、こっちのほうがずっと楽ちんです。

「ふくらはぎ運動」も立ってやるより(体重まるごと持ち上げずに済むのでw)楽にやれますし・・・

しばらくやっていたら(数分にもならない程度)身体全体が暖かくなってきました。膝の上に乗せた手のひらにもブルブルと振動が伝わって、これがまたキモティ~い。
足底全体から足先だけ叩きつけるようにしたり、かかとだけ叩きつけるようにしたり、膝を開いてみたり、膝を閉じて内股にしてみたり、あれこれ体勢を変えてみると、内転筋に効くとか、使う筋肉が変化します。
片足交互にやったり、両足揃えてやったりでも随分違いがあります。
ふんぞり返ってやると楽ですが、背筋を伸ばしてやると、これきつい。大腿筋に負荷がかかって。
これからは暇つぶしにテレビを見るだけじゃなく、ながら体操しながらやっていますが、期待以上に効果があります。ワタシの場合、冷え性にてきめん効いています。やってる最中から温かいですし、日中、何回かやってるだけで、ソックスいらずです。(レッグウォーマーしています)

ひょっとしたら太ももが絞まって
ダイエットにもいいかもしれないなぁ♪
ウホ・ウホ♪

スポンサーリンク
おすすめの記事