スポンサーリンク

日常、たまにふらつく事があります。

あ・あ~。はやく体勢を立て直さなくては・・・

と、思うのに何もできずにそのままへたりこんでしまったりします。
まさに、この症状について「たけしの家庭の医学」(4月3日放送)で取りあげていました。

この原因としては
●筋肉が衰えている。
●脳からの指令が筋肉に伝わりにくくなっている。
などがありますが、番組ではこれ以外の原因について解説してました。

筋肉ではなく「耳」に原因があるケース

バランス感覚は耳にある三半規管が司っている、ということは知っていましたが、その仕組みが面白い。

耳石器の働きを示したイラスト

 

身体の傾きを脳に伝えるのは耳石器という組織で、この図のように耳石が乗っているんです。耳石は炭酸カルシウムで出来ています。

で、身体が傾くと耳石が引力に引かれて片寄ります。それを土台になっている細胞が感知して脳に伝えるんです。

遠心力や重力がかかったときにも耳石がズレて、感覚細胞に知らせます。
老化でこの感覚細胞の数が減ると、感知する能力が衰えるのです。それで年を取ると、ふらつきや、よろけたり、つまづきやすくなってしまうんですね。

平衡感覚の衰えチェック法

片方の足(左右どちらでもよい)を前に出し、反対の足先をその足のかかとにくっつけて立ちます。
このままの姿勢で目を閉じて30秒間ふらつかずに立っていられるかどうかで判断します。

平衡感覚を鍛える簡単な体操

体操と言うまでもないくらい簡単な動作です。
まっすぐに立ち、頭を傾けて30秒間キープします。
反対側も同じように30秒間キープ。これを朝と夜に1回づつ、つまり1日に2回やるだけ。

番組ではやる前は4秒しか持たなかった方が、一週間続けたら2分以上立っていられるようになってました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事