スポンサーリンク

カルノシンのサプリを調べてるとき、海外ではカルノシンを使った白内障治療眼薬があることを知りました。
正規品がやたらに高いので類似商品で試していますが、はっきりと改善が感じられます。左眼の手術の前に使っていたら・・・と悔やまれます。試す価値あります。
素人の私見ではありますが、参考にしていただければと記事にします。

 

白内障とは

専門的な事は「眼科先進医療研究会」サイトの記述を引用させていただきます。このサイトには白内障に関する最新の情報があり、解説が非常にわかりやすいです。
  ⇒ 眼科先進医療研究会

白内障とは、眼の中のレンズの役割をする水晶体が濁ってしまう病気です。
白内障は、加齢に伴って発生する場合が最も一般的で、早ければ40歳から発症し、80歳を超えるとほとんどの人が何等かの白内障の状態にあるといわれています。
白内障は、放置さえしなければ基本的には失明する病気ではありません。
引用元 「眼科先進医療研究会」サイト

 

白内障はタンパク質が引き起こす病気

 

白内障はタンパク質が引き起こす病気
水晶体が濁るという状態は、水晶体の細胞内に存在するクリスタリンタンパクというタンパク質の異常変質によるものです。・・・後略・・・

水晶体のタンパク質が濁る原因は酸化ストレス
・・・中略・・・・
白内障を引き起こす酸化ストレスは、加齢以外でも水晶体への紫外線・眼に対する衝撃・放射能・熱等が挙げられます。・・・後略・・・

白内障の治療について
ごく初期の白内障は点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、濁った水晶体をもとに戻すことはできません。進行した白内障では手術で濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入する方法が一般的に行われます。・・・後略・・・
引用元 「眼科先進医療研究会」サイト

 

引用させていただいた「眼科先進医療研究会」サイトに「白内障の予防と進行抑制」という記述に以下の注意があります。

現在、一度なってしまった白内障は薬では治せません。薬は進行の抑制、または予防が主たる目的です。
日常生活に支障がないレベルの場合、経過観察とともに、点眼治療や内服治療を行います。まだ白内障になっていない状態での「予防」と、なり始めた初期の「進行抑制」が大事です。

白内障の予防、抑制の薬剤は様々な種類があります。
白内障に関する薬剤は、医師の処方が必要となり、町のドラッグストアーで自由に購入出来るものではありません。
※以前は処方箋なしでも購入可能な目薬がありましたが、現在は法改正が行われ、購入出来なくなりました。

また、海外では様々な薬剤の開発が進んでおり、中には「白内障を元に戻す」という触れ込みで日本に個人輸入されているような薬剤もありますが、厚生労働省が認可しておらず、その薬の効果も定かではありません。

自己判断での薬剤の使用は、逆に病気を進行させたりする場合もありますので、くれぐれも、医師の指示のもとでご使用下さい。
不明な点があれば、眼科医で質問をする事が大事です。

 

引用が多くなりましたが、この記事での海外の点眼液については自己責任において判断いただきますようお願いします。

 

 
白内障の治療は、基本的に手術しかないと言われ、点眼薬は「進行を遅らせる効果」にすぎないとされていました。
しかし、2010年にロシアの科学者マーク・バビザエフ博士とその研究チームによって、「Nアセテルカルノシン」(複合アミノ酸)を含んだ液体が、白内障を治療することが期待できる、という研究成果を発表し、アメリカで特許を取得しました。

「クララスティル」と「CAN-C」
「クララスティル」と「CAN-C」という眼薬がマーク・バビザエフ博士が特許使用を認めている正規品です。
Nアセテルカルノシン目薬『クララスティル』は、10年に渡って動物と人での臨床実験を行っており、EUの安全規格CEマークを医薬品として取得。2010年9月には米国で特許承認(承認番号:US7,795,203 B2)されました。
「クララスティル」は欧州、「CAN-C」はアメリカで人気のようです。どちらも5ml容量です。

 

抗酸化作用から見た白内障治療

人間の体には酸化を抑制する複合アミノ酸(カルノシン)を作る機能が備わっていますが、加齢に伴いこの機能が低下してしまいます。
引用させていただいた「眼科先進医療研究会」サイトの情報を踏まえると、紫外線などのストレスダメージで、水晶体のタンパク質が酸化しているなら、ここに抗酸化作用が働けば、水晶体のダメージが予防できると考えられます。
又、発生した酸化物質も初期であれば、抗酸化物質の作用で改善するのでは、と期待できます。

N-アセテルカルノシン
正しくは「N-アセテルカルノシン・非加水分解カルノシン」(略称NAC)
複合アミノ酸でカルノシンのひとつ。
カルノシンは人間の体内でも生成されるが、「N-アセテルカルノシン」は化学合成により製造される。

 

うんちくウサ君
「クララスティル」「CAN-C」の白内障有効成分は「Nアセテルカルノシン・非加水分解カルノシン(NAC)」という複合アミノ酸だよ。
これが体内でカルノシンを合成するんだ。
カルノシンの抗酸化作用で水晶体の酸化物質を減らすことで白内障が改善する、ということなんだよね~。

 

 

 

「クララスティル」と「CAN-C」の購入

現在「クララスティル」「CAN-C」の購入は個人輸入代行サービスの利用で海外から購入する方法しかありません。   「クララスティル」は安いとこが見つかりませんでした。

キャンC(白内障点眼薬)   ← 「CAN-C」最安のベストケンコーにリンク

 

「CAN-C」は笑っちゃうブランド名の「ジェネリック商品があります。実は自分が使っているのはコチラなんです。「CAN-C」をもじったw 「C-NAC」という商品です。インドのインスタファーマ社が開発した点眼薬です。「CAN-C」と同じベストケンコーで購入出来ます。
《ご注意》
「CAN-C」は5mlです。「C-NAC」は2倍の10ml ですから、価格はかなり違いますよ。

 

シーナック(白内障点眼薬)

シーナック(白内障点眼薬)

使って1週間くらいで「効果がある」と感じています。
手術していない右眼は確実に改善していますし、左眼の飛蚊症がほとんど気がつかないくらいに縮小しているのにはビックリしました。
白い背景で目をこらしてようやく認められるくらいまでになりました。医師には出来たらなくならないから慣れるしかない、といわれていたけど。使用前と使用後ではっきり違いがあります。

 

※ 「シーナック(白内障点眼薬)」と飛蚊症との関連についてはこちらに書いています。
  ▶ 飛蚊症が治ったみたい、白内障眼薬が効いたのか?原因と治療法の確認

「C-CAN」はインド国内で販売されているものです。成分は「CAN-C」とほぼ同じです。肝腎なのは「N-アセテルカルノシン」と「カルボキシメチルセルロース」のようです。

「CAN-C(正規品)」と「C-NAC」の成分比較

成分の比較表

 

 

個人輸入サービスの「ベストケンコー」の商品ページは見やすく、商品説明も丁寧な感じがします。しっかり読むと理解が深まりますよ。
使った人の感想の中にはペット(犬)の白内障に関するものもありますので、ご注意下さい。

 

ベストケンコー▶ ▶ ▶ シーナック(白内障点眼薬)

私の使い方
  • まず、良く振ってから使って下さい。
    (使い方の説明で気がつきにくいです)効果がないという方はコレを見逃しているかも知れません。
  • 1日に2回 起きたときと寝る前に 1滴づつ
    手術した方にも角膜の為に注しています。飛蚊症、飛躍的に改善しました。
  • 外出したときも紫外線ダメージ回復と思って注しています。
  • 上を向いて(あるいは仰向けに寝て)眼に入れたら静かに目を閉じて、60秒以上キープします。←推奨されています。
  • 他の眼薬は1時間くらい経ってからにする。

 

飲むカルノシンのサプリも効果があると感じました。こちらに書いています。

カルノシン=イミダゾールジペプチドです。イミダゾールジペプチドのタグで関連記事が出ます。

スポンサーリンク
おすすめの記事