すばやくあたたまるアラジンのグラファイトヒーターお得な生産終了AEH-G406N

季節感が全く狂っています。一昨日までは半袖Tシャツでしたが今日は電気ストープを使っています。足温マットも。気温14度です。

画像の電気ストーブはアラジンのもので、これがすぐれものです。アラジン、あの、灯油ストーブのアラジンですよ。独自開発のグラファイト使用の遠赤外線です。これまでも電気ストーブは遠赤外線のものを使ってきましたが、このアラジンのグラファイトはダントツに暖かい。なにより素晴らしいのがスイッチを入れるとすぐに暖かくなるところ。なので、トイレとか脱衣所に置いているというレビューが目立ちます。電気ストーブはあたっている体が温まるだけ、というかんじですが、これはまわりの空気もすぐに温まってきます。

この機種(AEH-G406N)は (200W/400W)切り替えですが、400Wを使ったことがありません。ちなみにここに越してきた2019年から使っています。
すぐ近くに置いていれば、200Wでも充分温かくなります。これで心もとなくなったら灯油ストーブの出番です。

今年、生産終了になったので、予備にもうひとつ購入しました。なぜ生産終了になったかというと、おそらく、首振り機能がないからのようです。ワタシ的には首振り機能は必要ないし、現行販売品は最弱でも450Wもあるんです。400Wですら使う機会がないのですから、これでは熱すぎる。ということで市場から無くなる前に購入しました。先シーズンの終わりには私のようなニーズが多かったのかプレミア化して10,000円以上になっていました。そこまでして買うこともないか・・・と見送っていたら、まだ市場に残っていたのか6,980円で買えました。現在は更に安くなっているショップもあります。↓ 楽天です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒーター 遠赤外線ヒーター グラファイトヒーター (200W/400W) AEH...
価格:6050円(税込、送料無料) (2021/10/19時点)

 

 

移動する時持ち運んでいましたが、2つになったのでリビングとパソコン部屋、それぞれに置いています。便利~♪

アイキャッチ画像ですが、ストーブに下駄を履かせましたw 床に座るとそのままでもいいのですが、椅子にかけるといささか低いので下駄を履かせました。

右はゴミ捨て場で拾った千疋屋の高級メロンが入っていた桐の箱で、紐でくっつけましたw
左は「!」ときた"傑作"です。梱包資材の発泡スチロールを捨てようとした時ひらめきました。ストーブ上下についていたもの発泡スチロールの緩衝材を重ねて紙でくるみました。凹みがあるのではめ込めば簡単に固定できました。
これを思いついた時、我ながら素晴らしい♪と小躍り。

オッチャン
なんのこっちゃ!
限りなくあんさんだけの話やなぁ。
他人にはどないでもよろしいで。
こういう、ちょっとした工夫で暮らしやすく整えられた時って嬉しいですよね。めっちゃ些細なことでも。
そう言えば、最近「暮らしを整える」ということで気づいたことがありました。
日々の生活、営みは現実だけではないということ。私達はパラレルワールドにいて多重な位相にも存在していると思っていますが、現実にある、いまここの暮らしを丁寧に過ごすことは、同時に他の位相も整えることになってるのだな、と。
抽象的で伝わりにくいと思いますが、丁寧に暮らすことで他の位相も整い、それぞれの位相の連動が密、スムースになる。
現実が整っていれば直感が冴えて、異なる位相に敏感になり、それで又、いまここの現実も整ってくる。
何も特別な修行をしなくても、丁寧な暮らしを営むことがパラレルワールド全体に及んで、自分の存在がクリアになっていく・・・。

スポンサーリンク
おすすめの記事