スポンサーリンク

「林修のいまでしょ!講座」(2018/5/8放送)でタマゴを取りあげていましたね。
タマゴかけご飯の話しはきれいな髪、肌のお役立ち情報でした。

髪によい食べもの「タマゴ」の食べ方の「それダメ」

タマゴはアミノ酸豊富で髪によい食品として真っ先に上げられます。
しかし、食べ方に「それダメ」があるって、知らなかった・・・・。

 

■「タマゴかけご飯」はかき混ぜてはダメ

生の卵白にはアビジンという成分があり、これがビオチンと結合するとビオチンが消えてしまいます。
という理由でたまごかけご飯ではタマゴをあまりかき混ぜない方が良いんです。
又、熱でアビジンの活動が抑えられるのであつあつご飯がおすすめです。

卵白にはタンパク質、ビタミンBなどの栄養があります。
卵白タンパク質には「痩せる作用」があるのでは、ということわかってきたとか。(現在は動物実験段階だそうです)
なので、捨てるのは勿体ないですよ。

 

■ ビオチンとは

ビオチン(Biotin)はビタミンB群に属しビタミンB7の別名です。
ビオチンは髪の毛や爪などを作るケラチンというタンパク質の合成に欠かせないものです。直接、成分になるものではなく、補酵素として、皮膚、髪のターンオーバーに働きかけます。

不足するとターンオーバーがとどこおり、肌やツメのトラブル、髪の毛が細くなったり白髪が増えるといった髪の問題が起こりやすくなります。また、頭皮の環境の悪化により、フケや痒み、抜け毛が目立つようになります。

ビオチンは、摂取されたタンパク質を腸内細菌の善玉菌が分解して、これが合成されてつくられます。
体内(腸)で作られるので、比較的欠乏しにくい栄養素といえますが、腸内環境が悪化すると不足のリスクは高くなります。
さらに、飲酒や喫煙、糖や脂質の摂り過ぎもビオチンの吸収を阻害したり、ビオチンを消費して不足させたりする原因となります。

材料となるタンパク質を摂取できる食品としては卵黄、レバー類、大豆などです。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事