スポンサーリンク

納豆の栄養成分、ナットウキナーゼとともに注目されている「ポリアミン」はヒトの身体でも作られています。細胞内でアミノ酸であるアルギニンから合成されます。
ですが・・・、加齢とともに生成能力が落ちてしまいます。このポリアミン生成能力の低下こそが「老化」なのではないか、と言われいます。

 

大腸ではほとんどが腸内細菌によって作られていますが、善玉菌のバランスが低いとあまり作られません。腸内フローラをコントロールして善玉菌がふえると、ポリアミン濃度を一定レベルに保つことが出来ます。

ポリアミンの多い納豆や、椎茸を食べるて細胞を若返らせるのももちろんですが、善玉菌を増やして腸内環境を整えれば、大腸のポリアミンを増やすだけでなく、免疫力もアップしますから、気合い入れてやろうと思います(^_^)v

ポリアミンについてはこちらの記事にも書いています。

メイトーの「LKM512菌」
メイトーの「LKM512菌」は、ケタ違いの高い生存率を誇り、胃液や胆汁の強い殺菌力にも負けず、腸へ生きて到達し、大腸で元気に増えることがわかっています。
「LKM512菌」が大腸で増え、腸内細菌の善玉菌のバランスが好転。これでポリアミンを生成しやすい環境に変化します。
        引用元 協同乳業メイトーサイト

 

きちんと研究結果が出ている菌なので、さっそく「LKM512菌ヨーグルト」を作ることにしました。

 

ヨーグルトメーカーは500mlの小さいものを持っていますが、メイトーオリジナルのヨーグルトメーカーが斬新!なので、注文しました。キッチン家電は増やしたくないのですが、これならコンパクトに収納できますから。

ヨーグルトメーカー説明

 

牛乳パックに巻き付けて保温するだけのシンプル機能です。中の牛乳の温度は42°くらいに保たれています。8~10時間で完成。
(菌から作る場合。「うえ継ぎ」なら6~8時間くらい。)

作り方やコツがが印刷されいるので、おばさんにはいいかも。(笑)
* 菌はLKM512菌とブルガリア菌・サーモフィラス菌が入っています。

説明書きに「酸味が足りない場合は、少し時間を長くして下さい。」とありますが、出来上がったヨーグルトはまるで酸味がないです。
私的には酸味がない方がうれしい~♪
ゆるっとした出来上がりです。牛乳を少し減らせば硬くなるのかしら?
牛乳1000mlに出来たヨーグルト100グラムで「うえ継ぎ」出来るそうです。

このメイトーオリジナルのヨーグルトメーカーは、公式オンラインショップと、こちらの楽天ショップだけの販売です。単品と「LKM512菌とセット」があります。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事