スポンサーリンク

朝ドラって、たいてい子役時代から始まりますよね。
子役時代はドラマ開始から一週間だけ、というのが「朝ドラの鉄則」だそうです。
知らなかったなぁ・・・。

なぜなら、子役のイメージが残ると、その後のメインキャストへの以降がスムーズにいかないケーズかあるため。視聴者から「イメージが違う」と、抗議が来たことがあったからだそうです。
そういわれてみるとそうですね。

そもそも、この鉄則が明確になった切っ掛けのドラマは第14回『鳩子の海』'74年4月放送(当時は一年間でした)
このドラマで子役を演じたのが天才子役と言われた斉藤こず恵ちゃん。
斉藤こず恵ちゃんががあまりにも健気で愛らしかった事もありますが、なにしろ子役が出演している時期が1か月半もあったので、印象が強かったんですね。
その後、主役の藤田三保子さんにバトンタッチした途端、ものすごいバッシングが起きたんだそうです。
これ以降、子役の出演は第1週だけになったのだそうですよ。

しかし、その後、例外の朝ドラもありました。
それが、『おしん』(83年4月から1年間放送された)
このときの子役は、名子役の誉れも高い、伝説的とも言える天才子役・小林綾子さんです。
あまりに高視聴率続きで、子役時代が延長されて、ついには1か月半の出演になったそうです。

おば半は見ていませんでしたが、「おしん」といったら、小林綾子さん、が常識ですよね。
大人になってからの田中裕子さんや、晩年の乙羽信子さんはについては、「あ、そうでしたね」くらいですもの。印象薄いですよね。

ということで「半分、青い。」の子役時代が二週間続いたのは例外的なんです。
「『鈴愛』役の矢崎由紗ちゃんだけでなく、律、ブッチャー、菜生ちゃんの四人が醸し出す伸びやかな雰囲気が受けたのでしょうね~。

スポンサーリンク
おすすめの記事