スポンサーリンク

桜と景気の密接な関係とは

あちこちから桜の開花が報じられています。今年はずいぶん早いですね~。
17日に開花宣言のあった東京都心は今日あたり満開ですよ。
桜の開花日と景気には相関関係がある、ってご存知ですか!?

桜の開花が早い年は好景気

1953年からの65年間のデータを見ると、3月20日までに開花した年は7回あり、そのすべての年には景気が拡大している傾向がみられます。

2017年までのデータでは
●最も早い開花は3月16日。(2002年・2013年)
●2番目に早い記録は3月18日。(2004年)
●3番目の記録は3月20日(4回ある)
以上の年にはいずれも景気が拡大する局面にあり、景気後退局面になったことは一度もないんです。
ちなみに最速開花日3月16日だった2013年は「アベノミクス相場」が始まった年ですよ。

開花から満開までの日数も景気と密接な関係が

開花日から満開までの期間が11日以上ある年は、景気が良い状態が長く継続する傾向があるそうです。
今年の(東京都心)の桜(ソメイヨシノ)の開花は3月17日、満開の本日28日で12日経過しました。

株価は下げ続けていますが、この先どうなるかな~

スポンサーリンク
おすすめの記事