北海道でオーロラ観測、太陽の急激な変化とその影響|サンゲージング

最近(ここ2年くらい)太陽が変化してることに気づいています?今年になってからはその度合いが急激になっています。

私はサンゲージングを始めたのでそれがわかります。サンゲージングは太陽を裸眼で直視します。一般的にはやるな、と言われています。30代の頃も数年間やっていましたが、いつしかやらなくなり、それまでメガネを掛けていなかったのがメガネを必要とするようになっため、やはり太陽直視はまずいのか・・・と思っていました。(真偽の程はわかりません)この頃やっていたのはさしたる理由はなく、あれこれ問題を抱え込んでいたので、救いを求めるような感覚で時々太陽を見つめていました。

再び始めたのは「石灰化した松果体を刺激してその能力を活性化するために有効な手段だ」という情報をいくつも目にしたからです。松果体については話がそれるので今回は取り上げません。

始めた時期はいつだったか忘れましたが、年始めの寒い頃だったと思います。久々でしたが、以前のようにまったく眩しくなく直視できました。その後、意外なことに眼がすごく楽になったんですよね。なので続けることにしました。張れた日は毎日やっていましたが、瞑想の質が変化したので、ますます続けよう、と思いました。一番長かったのは30分間くらいでしたね。初夏の頃でしたが暑いのになんともなく続けられました。その後はさすがに暑くなって、数分になり、季節外れの暑差が続いた時期は暑くてできませんでした。それでも眩しくはなかったですよ。

しばらくやっていたら太陽は微妙に変化していることに気が付きました。まずわかりやすいのが色です。今の太陽はほとんど白くなっています。夕焼けで赤くなることはありますが、朝日のときから白いです。そして、どんどんパワフルになっています。始めたときとは明るさが全然違いますね。一年経過していないのですが、まったく違いますね。明るさが。パキーンとしてる。
太陽を直視しなくても、周囲がハイキーになっていることに気が付きます。科学的表現ではないですが、粒子が非常に細かくなっている感じです。正しい表現家自身がありませんが、波長域が拡大しているのでしょう。それに伴って自分の可視波長域も少し広がっているかもしれません。

これは、徐々にではなく、カクンカクンと数日感覚でアップします。眩しいと感じていなかったのに、朝から眩しくてしばらく(秒単位)直視できない日があります。しかし、次の日には眩しくない。これは太陽のパワーアップに馴染むのに時間がかかるからだと理解しています。

自分だけがこう感じているわけでもあるまい、と検索してみると、気象観測の専門サイトでも太陽の活動について数年ぶり、とか、これまで観測されたことがない数値、などの情報が見つかりました。

始めに見つけたこちらの記事 ▶ 年末までに「太陽の磁場が完全に反転」する見込み

日頃馴染みのない単語が多くて読み通すのに苦労しますが、概ね以下のことが書かれています。

  • 太陽の地場の逆転(N極とS極が逆になる)は珍しくなく観測された1980年以降、ほぼ11年周期で5回起きている。
  • 前回2012~2013年に起きた逆転は一時的に地場が4つになる奇妙なものだった。
  • 現在の太陽では極が消滅しつつある。これは太陽活動が極大期に近づいていることを示す。
  • 極地の反転(の流れ)はいつも同じではなく、時には反転に何年もかかり、太陽に磁極が無い状態が長期間続くこともある。

 

観測するテクノロジーが無い頃のデータはなく、太陽活動などの宇宙規模の変化は数年単位とは思われないので、このような観測ですら群盲象を撫でるレベルでしかないと思います。が、しかし、体感的に『なんか違うぞ!?』というのは相当のことじゃないのか、と思うんですよね。

悪い感じはないですよ。ワタシ的にはいい意味で興奮しています。

つい最近の記事もあります。10月30日のForbesの記事。
▶ 太陽活動「極大期」到来早まる? 当初予想より活発かつ長期になる見通し

 

書かれていることの概要をまとめるにはいささか内容が難しすぎます(>_<)

太陽活動が地球にどのような影響を与えるかについては、ごく一部のことしかわかりようもない。電波を利用するようになったのはごく最近なのですからね。

昨日のX(旧Twitter)では(海外情報で)30日に電磁的影響が出るのではないか、というのがいくつか見られました。上のForbesが紹介した内容に関連派生した情報のようです。

 

速報:今週、太陽で複数の爆発が発生した。
太陽のコロナから地球に向かって4つのプラズマが放出された。これらの爆発が統合され、超大型CME(コロナ質量放出)となる可能性がある。木曜日か金曜日にアメリカ北部とヨーロッパで見られる強い地磁気嵐とオーロラを引き起こす可能性がある。これにより通信障害や停電もありうる。

 

オーロラといえば、ごく最近はこれまで見られなかった地域で観測されることが増えており、低緯度オーロラと呼ばれています。スイスとか米国北部の州などです。

補 足

 12月1日、北海道でオーロラ観測されました。

 

ちなみに太陽を見てると太陽に中に丸いものがいくつか整然と並んでいます。どこかで見た図に似てるなぁ、と思っていたらジーン・デコードが「正午の太陽ではフラワー・オブ・ライフの図が見られる。」と言っている動画がありました。私は正午でなくてもいつでも見えます。ただ、フラワー・オブ・ライフの孤の先までは見えません。丸い部分の配置がフラワー・オブ・ライフのものと同じ、というとこまでしか見えません。下図の右がフラワー・オブ・ライフで、私が見るのは右側の黄色い丸です。

 

 

ジーン・デコードの動画にご興味のある方はこれです。この動画をみて「又やってみようかな。」と思った次第です。

ジーン・デコードとは誰?

海軍に長く勤め潜水艦に乗っていたそうです。臨死体験をし、神と何千時間と対話したようなダウンロードが起こり、30年間リサーチして真実を追求してきたそうです。私たちが教えられている科学は嘘だ、重力に対する理解がまったく間違っていると話しています。話を聞けば普通の人ではないのは明らかです!日本人とも交際したことがあり、日本人の謙虚さを尊敬しているそうです。

---------本人による自己紹介----------------

私が何者であるかはあまり関係ありません。 私は30年以上の研究と20年以上の軍務を経験しているので、自分が何をしているか知っています。 私はスポーツや他の人がするような「レジャー」に興味がなかったので、人生のほとんどの時間を研究や勉強に費やしてきました。 私は勉強して学ぶことを好み、常にそうしてきました。宇宙と唯一の真の神の性質に関する私の情報と認識の大部分は、1992年8月に私が30分間死んだという死の体験から得たものです。 その間、神は私に戻って奉仕する機会を与え、私はそれを選びました。この経験は、私に多くの洞察力と知識を与えてくれました。さらに、武道は私の人生において極めて重要であり、それは私の死の体験の原因ですが、スピリチュアルな戦士としての私の奉仕を完全に決定付けています。それ以上は私は申し上げません。メッセージが重要であって、メッセンジャーが重要ではないからです。メッセージの真偽を判断する古い方法では、報告者の信頼性や専門性によって判断されます。これにより、何十年にもわたって嘘や偽りが生み出されてきました。すべての情報は、それが嘘である可能性を前提に調査されるべきであり、それが間違っていることを証明するために最初に行って、人が何を得るかを見るべきです。 引用元 https://yatsulog.com/genedecode/#toc2

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事