スポンサーリンク

交通事故で耳を失った米軍の女性兵士が耳の移植手術を受け、成功したそうです。
移植したのは自分の前腕で再生した耳。
このニュースを掲載しているニューズウィークサイトに、腕に耳がくっついたような画像があります。衝撃的です。⇒ ニューズウィーク

この画期的な手術は、「血管新生」と呼ばれる手法を用いて行われた。
患者の胸郭から取り出した軟骨細胞を耳の形にして、前腕の皮下に埋め込んで成長させたそうです。
新たな血管、動脈と静脈に血液が流れ始め、神経も再生するので、耳の感覚も取り戻せるのだそうです。同様の手術が中国でも成功しており、その画像も掲載されています。

患者の女性兵士は、始めこの治療について説明を受けたとき、かなり抵抗があったそうです。
そうですよね。腕に耳が生えてくるのを想像すると・・・。
しかし、人工の耳をつけることになるのだから、それなら本物の自分の耳が良い。と考え直したそうです。

ウォルター・リード米軍医療センターの形成・再建外科主任、オーウェン・ジョンソン大佐が「若い現役兵士は、今できる最高の再建手術を受ける価値がある」と語っているのが印象的ですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事