すんでのとこで移住物件購入を思いとどまる|移住計画

物件を見に行って、購入を決めてきました。その後、具体的に引っ越した場合の補修箇所、その費用、今の家具を使った場合のレイアウト・・・等などの検討を始めました。

具体的に考えると、あれこれ問題が浮き彫りになります。物件を見た時、売り主の代理人が同席していたので、じっくり見てない箇所が多々ありました。撮影してないとこもあり・・・。

何しに行ったんかいっ!

 

代理人の方は私と同年代の女性で、以前住んでいた方の知り合いとのこと。行政書士で同世代でもかなりの活発な方で、すっかりペースが奪われた感がありました。

 

一番の問題は、ムダに広いのです。敷地がw
450坪に20坪の家屋。家族が減ったので新たにコンパクトな家を建てたそうです。それまで使っていた古い家屋は解体除去されていましたが、ブルドーザーの跡が凸凹と残っており、いかにもな更地状態です。雰囲気は更地に建てたモデルハウス然としていました。

 

 

びっくりしたのが、この元牛舎です。

 

 

天井まで2.5mはありましたね。で、二階もありますもん。

これ! どないすんねんっ!!!

これは解体にめちゃくちゃ費用がかかるらしい。普通の木造家屋でも1️⃣坪5万円~くらいするようですが、これは倍くらいは掛かりそう。この牛舎の前は二倍近い面積で地目は農地になっています。この農地を宅地に変更しないと非農業者には売れません。
牛舎だけで固定資産税が2万円だそうです。住居の方は5万円。農地を宅地にしたら合計で8万円くらいとか。活用しないのに税負担するのがなんだかなぁぁぁぁ。

Googleビューイングで見た時はかなり樹木がありましたが、行った時はほとんど伐採されていて更地になっていました。なので窓からの眺めは最悪。そして道路から丸見えです。ちなみに道路から玄関まで30mはありますから、見る側からはよく見えないでしょうけど、中にいる身としてはとても気になります。
住むなら、何かしら目隠しになるような植栽が必要です。そう考えた当初は

 

すごい♪
庭造りまで楽しめるんだわ!

 

と盛り上がったのですが、具体的に費用など調べると、年金バァさんがやれる範囲を超えてます。DIYするにも広すぎて、手も足も金も出ません。
物件自体は520万円ですが、心地よく住めるように整えると最低でも300万くらい必要です。
室内も画像ではそのまま使えるくらいにきれいに見えたのですが、実際は汚かった。触りたくないくらいに(>_<)

住宅地ではないので周辺に畜産農家があり、風向き次第で匂いが漂ってきます(>_<)

 

と、まあ、色々気づくことがでてきて、この物件はやめることにしました。

そもそも、なぜ移住しようという気になったのか、というとこに戻って再考します。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事